今までに読んだおもしろくて話題になっている漫画のネタバレあらすじをお伝えします♪

逃げるは恥だが役に立つ ネタバレ1巻【重たいテーマなのに笑える♪】

52e0a6d1c1d6857f6ee36eda8580a1d1_s

こんにちは♪
サイト運営者のまりめです。

 

逃げるは恥だが役に立つ1巻の感想を書いていきます♪

 

海野つなみさんの漫画「逃げるは恥だが役に立つ」の主人公のみくりは、
大学院で臨床心理士の資格を得るものの、

 

就職難、不景気によって派遣切りにあい、
無職の身になってしまいます。

 

 

当座の仕事として、
父親の元部下である津崎平匡という

独身男性の家へハウスキーパーとして働くものの、

父の退職を期に、両親が田舎暮らしを始めるため、
今度は家を失ってしまうことに。

 

 

家事代行を続けてほしい津崎と、
住む場所がほしいみくりは、

 

お互いの利害を考え住民票だけを移す
「事実婚」に踏み切ることになりました。

 

 

逃げるは恥だが役に立つ第一巻では、
時々、みくりの妄想シーンがでてきます。

 

 

バラエティーのゲストや街頭インタビュー形式で、
自分の気持ちや置かれた状況を
客観的に判断しようとしているのがわかりますし、

 

就職難や契約結婚というちょっと重たいテーマが、
コメディタッチで描かれることで、
読み手がほっと笑えることできるのです。

 

 

もともと、海野つなみさんは、
シリアスで重いテーマを扱っても、
どこか抜きどころというか、

 

楽しめる箇所をつくるのがうまい作家さんなので、
安心して読むことができます。

 

 

 

契約結婚の生活を始めた二人のもとに、
平匡の同僚が家に遊びにくることになってしまいますが、
なんとか無事に接待を終えたものの、

 

同僚の沼田に平匡の部屋のシングルベッドを見られてしまい、
仮面夫婦の疑いをもたれることになってしまいます。

 

 

これから二人の関係がどうなっていくかが最大の関心事なのですが、

そこへみくりの独身のおば、百合子と、
合理性を重視して結婚にメリットを感じない
平匡の同僚・風見がからんでくるようで、

 

これからの展開がどうなっていくかで終わっていて、
すごく続きが気になりました。

 

 

この漫画はHandyコミックで読むことができます。

1巻400円で読めますので単行本よりお得です♪

 

おもしろいストーリー設定なので是非読んでみて下さいね♪

 

【無料試し読みはこちら♪】
↓   ↓   ↓ 

女性_スマホ_ポイント※「逃げるは恥だが役に立つ」で検索すると出てきます♪

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


6 − 一 =

私が書いてます♪

bioremamagao_320

育児奮闘中!2児のママ「まりめ」です♪
よろしくお願いします♪