今までに読んだおもしろくて話題になっている漫画のネタバレあらすじをお伝えします♪

愚者の皮 結末 塩酸かけられて顔が溶ける

gusyanokawa

こんにちは♪
サイト運営者育児奮闘中2児のママのまりめです。

 

愚者の皮結末について書いていきます。

 

愚者の皮の結末はあまりにも意外でした。

 

愚者の皮上巻、下巻と読んできましたが
すべての場面で「えっ?こんな展開!?」
驚かされることが多かったのですが

愚者の皮結末はすべてを上回る

 

「えっ!!??」

 

でした(笑)

 

 

最後は塩酸をかけられてしまいます。

 

このシーンはかなり怖いです。

 

顔に塩酸をかけられて
英馬の顔がどんどん溶けていきます。

目にもかかり
目も焼けただれ失明してしまいます。

 

ですがこのときの処置方法に
「えっ?そんなんでいいの?」

と思ってしまうのです。

 

 

塩酸をかけられた英馬は
「幸せすぎて痛い」と言います。

 

普通塩酸かけられたら
暴れ回るほど苦しむと思うのですが
かけられた英馬は凄く冷静です。

 

 

また、あよもびっくりするほど冷静。

あよは英馬にかけられた塩酸を舐めとっていきます。

 

あよの口はただれ、声を失ってしまうのですが
その神々しい光景に
周囲で見ている人も見入ってしまいます。

 

まるで神を見ているかのように
周囲の人も祝福しているのです。

このシーンには正直、

「ん?あれれ?」

と思ったのですが、
でも凄く感動はしました。

 

愚者の結末は現実的にあり得ない事だと思いますが
愚者の皮全体を見渡すと
すごくいい漫画です。

 

感動しますし、
幸せについて考えさせられます。

 

人の幸せはほんの少しの事で決まってしまうし、
自分の思い次第で幸せにも不幸にもなれるって
愚者の皮から教えてもらった感じです。

 

 

結末の塩酸シーン以外は凄く良かったです♪

 

この漫画は読んで絶対に損はありませんし、
是非読んでもらいたい漫画です。

 

 

まんが王国なら無料試し読みもできますので
是非読んでみてくださいね♪

 

 

5_1

※愚者の皮で検索してね♪

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


九 − = 7

私が書いてます♪

bioremamagao_320

育児奮闘中!2児のママ「まりめ」です♪
よろしくお願いします♪